Life Log IgG4関連疾患の経過
FC2ブログ
2020 / 07 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   >> 2020 / 09



[肺の影] IgG4関連疾患の経過
とりあえず、ここらでまとめ。(自分の覚えとして)

ステロイドの服用は徐々に減らしている。

プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)

ステロイドの副作用からおこる症状を抑えるために
・ダイフェン配合錠(感染症を抑える薬)
・エディロールカプセル0.75μg(骨粗鬆症防止の薬)
・ランソプラゾールOD錠15mg「DK」(胃の負担軽減薬)
・睡眠薬

2014年9月初から突然身体にかゆみが発生。
最初は左足、少し右足も。首の後ろにもかゆみ発生。
あまりにかきすぎて肌が荒れる…
2014年9月26日の診察時に医者へ伝えた結果、ダイフェンの影響の可能性ありとのことで、
ここでダイフェンの服用中止。

ランソプラゾールは、8月末の診察時に、胃の違和感もないため、服用終了。

睡眠薬は、ステロイド服用すると眠れなくなる人も多いとのことで初回に処方されたけど、
結局一回も飲まず。

ステロイドを飲み始めてからのIgGの値の推移。
ステロイドの効果もあってか、順調に値が低下。
でも、ステロイドの量が減り始めたせいか、上昇?

3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636

ステロイドを服用すると、たくさんの副作用が出ます。
もうそこは副作用の商社と例えられるくらいですからね。

腹痛、吐き気、腹部不快感、吐血、便血、胸痛、胸部圧迫感、呼吸困難、めまい、冷汗、
足の痛み、むくみ、手足のしびれ、頭痛、悪寒、嘔吐、急性視力障害、息切れ、
気分が沈む、不眠、不安、いらいら、倦怠感、発熱、咳、痰、咽頭痛、口内炎、発疹、
排尿痛、食欲不振、多尿、ニキビ、目のかすみ、視力の低下、体重増加、体重減少などなど。



夏頃から顔にニキビが発生。普段の暑さの影響なのか、薬の影響なのかは分かりませんが、
額やら口の回りやらに多く発生。
身体にも赤い斑点のようなものも多く発生。
これらもニキビとのことでした。

現時点では治まってます。

他にも若干出ているもの。

呼吸困難。不定期に少し息苦しくなります。これが薬の影響によるものなのかは不明。
倦怠感。ステロイドを服用すると筋力が落ち、体力も落ちるとのことですので、そのためか?
なんとなく以前より疲れやすくなっていると感じます。
のどの乾き。結構のどが乾きます。
体重の増減。ステロイド服用直後は体重が一気に減ったんだけど、その後に元の体重へ増加。
特に生活も運動量も変わっていないんだけど、どういうことでしょうか?
ステロイドがもっと減ったらまた落ちるかな…

そしてムーンフェイス。
これたぶん出始めました。
最初は出ていない、と思っていましたが、8月からの体重増加に伴って顔が丸くなってきました。
お盆に会った大学の友人や先日、異動前の職場メンバーも含めた部の中途採用者歓迎会においても、顔が丸くなったとやたらと言われました。
これはもっとステロイドの量が減ったら自然と治まるのだろうか??

VATS(胸腔鏡下肺生検)の手術跡。
傷口は定期的に画像をアップしていますが、徐々に薄くなってきています。
それでも3箇所のうちの1箇所は絶対に傷跡残りますね、これ。

手術後に、肋間神経痛が激しくありましたが、3週間くらいが一番きつかった。
服が擦れるだけで痛い…
3週間程度で痛みは随分和らぎました。
術後2ヶ月程度までは子供を抱っこしたりする時は痛みが若干あり。
とりあえず術後5ヶ月の今は、痛みはなし。
だけど、神経痛はなくなったものの、若干麻痺している感覚はある。
右と左で感覚が違います。

さて、ステロイドを服用し、定期的に血液検査やCT/レントゲンを行っていますが、結局、肺の影に関しては癌の可能性は低いもののまだ何とも言えず状態。一番大きな影は昔からあるもので(10歳の時に髄膜炎やったときのものか?)、そういうものはステロイドでは消えないんだそうだ。だから他に細かく出ている影がどうなのかが分からないとのことです。次回のCTの結果で、また呼吸器内科へ? もう勘弁して欲しい。

正直なところ、ステロイド服用を甘く見ていました。
半年もすれば服用終了できると思ってましたが、案外長い…










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:




新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社