Life Log 親知らずの抜歯 at 愛知学院大学歯科部付属病院
FC2ブログ
2019 / 07 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   >> 2019 / 09



[親知らず] 親知らずの抜歯 at 愛知学院大学歯科部付属病院
今日は、朝から親知らずの抜歯手術の為、名古屋市千種区の愛知学院大学歯科部付属病院へ行ってきました。



先月頭に自宅近くの歯科で虫歯点検へ行った際に、親知らずの疑いもあってレントゲンを撮ったのがきっかけ。
結果、その時は親知らずとは関係なかったけれど、抜いた方がいいかもしれないねって。

2012年1月5日 2年ぶりの歯医者
2012年1月6日 歯医者 2
2012年1月9日 歯医者終了
2012年1月14日 親知らずの診察
2012年1月28日 親知らずのCT撮ってきました

結果として、これは今痛くなくても抜いた方がいい親知らずということになったので、
痛くもなく埋没している親知らずを今後のことを考えて抜くことに。
今抜かなくても、きっと10年くらい後に抜くことになって、今より大変になるとのことでした。


※ 虫歯の治療が多すぎるのが一目瞭然だな…昔歯磨き嫌いだったしなぁ…

奥歯の膨らみの部分より上にきてれば抜かなくてもいいけど、
下に入り込んでるから抜いた方がいいそうです。

水平埋没の親知らず…でも、CTスキャンの結果、神経には触ってないようで、保険の効く手術です。

で、今日、行ってきました。

朝10時からの予約で、20分前には体調など聞くために来て下さいってことでしたが、
結局10時を回って、診察台へ来て下さいとアナウンスされて座ったところで聞かれました…
早く来なくてもよかったじゃんか…

執刀医は、担当医の栗田部長。

この方、実は超有名。

歯学部栗田賢一主任教授率いるグループが大きく報道されました。
愛知学院大学歯学部顎口腔外科学講座の栗田賢一主任教授率いるグループが国内で初めて歯の根を残して親知らずを治療する方法を科学的に検証し、中京テレビ、中日新聞、東海ラジオ、週刊朝日で報道されました。

下アゴの親知らずの根がアゴの骨の中を走る神経と接触している場合、歯の上部を切り取って根の部分を骨内に残せば、唇のしびれや違和感などの後遺症が抑えられることが研究調査で分かり、まっすぐでない親知らずは抜歯するのが一般的ですが、今後、この根を残す治療法が広く浸透するきっかけになる可能性があります。
現代人は歯の大きさに比べてあごが小さくなっていることから、親知らずが斜めや横に生える人が少なくはありません。まっすぐに生えない親知らずは骨内にある「下歯槽神経」に引っかかっている例が多く、こうした頻度は「親知らずの抜歯患者10人に1人くらいではないか」と予想しています。
このような親知らずの抜歯で神経が傷つくと、0.4~5.5%の患者に下唇が麻痺する後遺症が残るとされています。この治療法では、神経と接触した歯根部分を温存し、歯を切断後に骨内に根を埋めたまま、歯肉を縫い合わせます。
いままでに194例について追跡調査を行い、この方法で下唇に後遺症が出た患者はいませんでした。縫った傷口がふさがらなかった患者は5%でしたが、残された歯の根は骨内を動き、神経と離れるので安全に歯の根を取ることができます。
親知らずの抜歯は後遺症からうつ状態になってしまう患者もいます。この方法で智歯を抜歯すれば医療訴訟に至る恐れも少なくなると思われます。


via : 愛知学院大学 HPより

病院では、口腔外科第一診療部の部長です。

自宅近くの歯科の先生が愛知学院大学出身ということもあって、栗田教授指名の紹介状を書いて下さいました。

手術は結果として40分程度。

その前に、表面麻酔で麻酔を打つ場所の感覚を軽く麻痺させて、麻酔注射の痛みを和らげる。
5分後くらいに麻酔注射を打つ。それから10分くらい放置。
指に脈拍を測る装置をつけられ脈拍を常時モニタリング。

だんだん骨の感覚がなくなってきたら、栗田部長登場。

顔に口の部分だけ開いたマスクをかけられ手術開始。

口にマウスピースはせず、ひたすら自力で口を開けてました。

切開も麻酔のおかげで全く痛みなし。

水平埋没タイプで奥歯に食い込んでいたので、親知らずを砕きながら少しずつ処置が進みます。

頭の食い込んでる部分がとれたときに、とりあえず頭の部分が取れたからあと少しだよ、
と声をかけられ一踏ん張り。

痛くはないものの、骨を削られ、奥に行けば行くほど振動がダイレクトに伝わって何とも言えない感じに。

結果、栗田部長がきて始まってから手術終了までが40分。表面麻酔からだと1時間くらいでした。

最後に消毒して、縫合して終了。

縫合は3箇所でした。

口をゆすいでも思ったほどの出血はなし。
ただ、血は少しずつ出ているようです。

注意事項の紙をもらい、説明を受けました。


(クリックで少しだけ拡大)

食事は普通に取ってよい、とか今日はお風呂はシャワーだけとか。
一応、血が止まらなかった時用にガーゼを薬局で買ってきました。

にしても、ネットで事前に見てたうがい薬などはもらえませんでした。

処方された薬は、痛み止めのロキソニンと化膿止めのフロモックス。



今日は4,410円でした。

明日は朝から経過観察です。
そして、一週間後には抜糸の予定です。

とりあえず終了後すぐにロキソニンを飲んで下さいとのことでしたので、すぐに飲みましたが、
まだ麻酔のしびれは残ってます。

麻酔が切れてからが本当の勝負ですね。

腫れのピークは明日か明後日くらいだそうです。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:




新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社