Life Log 故人を偲ぶ
FC2ブログ
2019 / 07 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   >> 2019 / 09



[日記] 故人を偲ぶ
1999年~2003年までずっとホームページ公開してたんだけど、それから更新をしなくなって放置状態にしてました。
そして、2006年7月にサーバーからファイルのみ削除したんですけど。
自分のパソコンには過去の全てのホームページファイルがあるんですね。

ふといろいろ思って過去の、本当に初期のファイルを見てました。
それでふと気になった祖母の事。

2000年5月11日に祖母が他界しました。

5月4日に祖母の家に母親と行っていて会っていたんですね。
いつもGW・お盆・年末年始は絶対に、あと普段の週末にちょこちょこ顔は出してたんです。
それで草むしりしたり窓ガラス拭いたり、クリーニング出しに行ったり。
部屋のお掃除してあげたり。
ちょこっとお小遣いを期待もしていたし、祖母に顔をたまには見せたいって思ってました。
うちは親戚が少ないのに加えて、祖父もいないし祖母は一人だったんですよね。
母の兄と二世帯住居で住んではいたけど。
だから寂しいだろうなぁって。

あの日も普段と変わらない日でした。祖母もいつもと変わらず元気だったし。
だけど、別にそんなにたいした用事なかったのに4時間ほど滞在して帰ってしまいました…
なんでもっといなかったんだろう…
後悔してももうその時には戻れません…

祖母は92歳でした。第二次世界大戦を経験、東京大空襲時には東京にいて体験してますし、
広島の原爆投下時には広島にいた。
伊勢湾台風の時には名古屋にいた。
本当になんでそこまでいろいろあって生きてるの?って思ってました。
だけど、実際に体験した人からの話はすごく興味深かったです。
心不全だったようで苦しまずにいったのかな…って。

もっともっと話をしたかった… 亡くなって気づくこともいっぱいあります。
なんであの時…って。

今でも定期的にお墓参りに行くようになった。
それまではお墓参りなんてしたこともなかった。
親戚もいないし…付き合いなかったし…
自分達の家計が何ていう宗教なのかもしらなかった。
誰も本当に知らなかったんです。
それくらいそういうものに縁のなかった家計。

親戚関係が崩壊しているんですね、うちは。
母の兄貴のところくらいだし。

お墓は本当に年季の入ったお墓で、周りとはだいぶ違って古い…
今にも崩れそうな古い墓石…
掘られている日付も明治とか書いてあるし。

これまで墓参りに行っても花変えて、水をあげて、線香をして手を合わせて。
お墓の掃除って全然してない。
すると壊れてしまいそうだから。

だけど、今度はちゃんと掃除するよ。

一人でもお墓参りに行くね。
みんなで行ったときには恥ずかしくてできないだろうけど、一人で行ったときにはちゃんと声に出して話しかけるね。
心で思っているだけじゃなくて、声に出すとちゃんと声が届くんだってね。

いつも見守っていてくれてありがとう。
これからも家族を見守ってください。
そして正しい方向へ導いて、危険から守ってください。

いつまでも忘れないよ、おばあちゃん。










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:




新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社