Life Log 2002年09月
2002 / 08 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   >> 2002 / 10



[スポンサー広告] スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[旧HP・Blogより移行[旅行]] 北海道を「見る」旅
男ってなんて無謀な事が好きなんでしょうか。
男って、本当にいつまでたってもガキのままでしょ。
そこがまたいいのかもしれないんだけど。

さて、今回はなんともまぁくだらない旅をしてまいりました。

その名も…

「北海道を見るための旅!」


そうなんですよねぇ、「行く」じゃないんです。
「見る」です。

あほくさいでしょ?
でも、こういうのって案外いい想い出に残るですよ。

自慢じゃないですけど、これまで東北地方なんて行ったことないですから…
ましてや北海道なんて…ん? あっ、ありました。


確か…


小さな頃に父親に誘拐されて北海道まで逃亡劇…いやいや国内旅行?しました。
でも、機内の記憶がおぼろげにあるだけですけどねぇ…

今回のキーワードは、「めざせ青函トンネル!」ですわ。

あと、もう一つありました…
「意地でも高速使いません。オール下道で…」決めごとで数点…
・歯磨きは朝に当地のどこかの公園で男らしくしましょう
・車は常に誰かが運転していましょう
・当然、寝るのは車中泊でございます
・風呂は温泉に!

無謀にも、この3連休の金曜日に仕事が終わってから夜出発しまして…
えぇ…ひたすら新潟から海沿いを走りましょうってことで…ここで思ったこと…新潟長っ!
22時に出発して、朝の4時か5時まで新潟県でしたから…
山形県に入って、続いて秋田県へとどんどん北上しまっせ~感想は…なんにもねぇじゃねぇかよ!
まぁ、国道沿いを走ってるわけでちょっとそれればあるのかもしれないけどね。

ひたすら走って走って走りまくって…青森県にようやく入りました。
時は土曜日のもうじきお昼ですわ。

結局は、適当に走って見つかったところってことになりまして…男の旅って感じがしますね。
そうこうしてると漁港にでましたので、そこにあったとこに入りました。

「いらっしゃいませ」(←なまってます。想像してください。語尾のイントネーションがあがります)

リアルな東北弁がようやく聞けたと内心感激♪
ひとまず何が美味しいか分からないため、時価ってのに挑戦!

その名も…


「日本海刺身定食」(時価)





うまそうでしょ? 確かにうまかった! だけどね…


時価のくせに、冷凍さしみ出すんじゃねぇよ!!(-_-)


刺身凍ってました…(”`∇´)ゞ

凍ってなければ最高だったんだけどねぇ…残念…

でも、ここで一つ笑ってしまいそうだったことがありました。
きっと県外者だからこそ笑えることでしょう。
定食が出てきた時に…


「おまちどうさまぁ~。おしみ定食ですぅ。」



いっ言えてねぇ~!!



まぁ、名古屋とかにきても、県外者から見たらこういうのってあると思うからあんまり言えないけど…

さすがにうけました。

さて、青函トンネルまであと少し…頑張りませう! しばし走ること…ようやく北海道がお目見えです!





しゅ…終了ぉぉぉぉぉ~~~!

目的達成してしまいました…そこで思ったこと…

帰りがめんどくせぇ~~!!!!(-。-)y゜゜゜

まぁ、そうは言っても時間が時間だったので、ひとまず温泉&風呂に…

ひたすら車を青森市内へ走らせること1時間くらいかな。
ようやく到着です。
ナビで温泉検索するとたくさんでてくるんだけど、地名が全く分かりません…
適当に選んだのが…浅虫温泉!
そう道の駅の近くにあるところです。
まぁ、ひとまず行ってみて、現地の人に話を聞いてみると近くにうに丼のうまい店があると言う。

で、行ってみましたさ。入店しますと、メニューには…こう書かれていました。


「うに丼」「いちご汁」





それ以外のメニューはありません!
これだけで商売ってやっていけるんです!
でもね、うまかったですよぉ~!!
安かったしねぇ。お得お得♪

さて、続いて温泉に入りましょうと、温泉に入ってみました。
俺は聞いてないんだけど、後輩が年配の方の東北弁を聞いたみたいで…大爆笑してました。
「パチンコ」→「パツンコ」
やっぱり言えてません。
基本的に、東北弁ってのは語尾があがるようです。

温泉の後は、恐山へ行ってみました。
何故恐山かというと、後輩が行きたいと行ったからなんです。
でも、近づくにつれて車がいなくなるわ、街灯がなくなるわで雰囲気がいい感じになってきました。
山道のカーブのところにはなんだか怪しい墓石みたいなものがあるし…
恐山霊園の鳥居は札がたくさん貼ってあるし…雰囲気がめちゃくちゃ出てましたねぇ~。
一番上まで行くと、湖がありまして、そこに神社があるんだけど街灯がまったくありません。
あげくの果てに、恐山のところは硫黄泉の温泉があるらしく、外が硫黄臭いんです。
なおさら雰囲気が出てます。本当はね、ここで後輩を一人外に出して、置いていく予定でした。そこで追っかけてくるところを写真に納めようと思ってたんだけど…
あまりの怖さに後輩は外へ出ることを拒んだためにあえなくできませんでしたとさ…

恐山を後に南下している時に、何を話しかけても後輩が全然話さないんだよねぇ…
で、何でかなぁ…って思ってたら恐山からしばらく離れたところでようやく話し始めました。

「やばいですって!!」

「なっ!何が??」

「なんか背中が重かったんですよ。」

おいおい勘弁しておくれ。そういうことはその時に言いましょう!

終わったことだからいいんだけどねぇ。

そこからひたすら南下して盛岡→仙台→福島→会津若松→前橋→軽井沢と経由して帰宅となりました。
後輩に体力の限界がきて、仙台以降はもう観光する気力がないようでしたので寄り道せずの帰宅。
仙台→軽井沢への12時間はずっと俺がノンストップで運転していたのでさすがにつらかったです…
スポンサーサイト

[旧HP・Blogより移行[日記]] 修理終わりました。
ようやく、デジカメが修理から返ってきました。
今度は故障しないように、ちゃんと専用ケースも発注しましたから…安心?




新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。