Life Log 旅行
FC2ブログ
2020 / 06 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   >> 2020 / 08



[旅行] 2泊3日 赤倉温泉スキー旅行
1月2〜4日で、前から計画していた兄家族と一緒に初めての旅行でスキーに行ってきました。

年末にするか年始にするかを悩んでいて、暖冬とのことから、年始にしたんだけど、
本当に全国的に記録的な雪不足。

2日は、赤倉温泉スキー場、4日は黒姫高原スノーパークのつもりで、3日はどちらでも行けるように
ホテルも予約していたんだけど、結局は、黒姫高原に雪が積もらず…3日間とも赤倉になりました。

赤倉も雪が例年に比べると比較にならないくらいの雪の少なさのようです。
道中の高速道路も全然雪がなく、高速を妙高で降りてからようやくそれなりに積もってた感じで、
赤倉周辺だけ積雪しているという印象です。

積雪が40cmとかくらいでなんとかオープンしてるという様子。
ゲレンデで滑っていても思っていたよりも雪がかたい。またたまに土が見えてる…

でも、雪が降っていて、少しずつは積もってきている状態です。









兄家族は、うちらのスピードに着いていくのが精一杯という感じで、後半はずっと子供を預かって、
子供達が滑りたいように初心者コースを何度も滑ってスキーを楽しみました。

さすがに3日目は、兄家族は離脱。3日目は自分たちだけで滑って、兄家族は先に帰路(といっても長野で観光して帰ったみたいだけど)につきました。

1日目は予定していたホテルで泊まって、2日目は、黒姫で予約していたホテルと状況を確認しながら、
結局はキャンセル料なしでのキャンセルということで了承。
2日目のホテルを空いているところを探して急遽予約してというドタバタ旅行。

雪がないから仕方ないよね。

でも、ちょうど3日の夜からドカ雪が降り、4日あたりから黒姫もいけるか?という状況でしたが、
今年は断念…メインは黒姫だったんだけどね。
運良く、たまたま取っていた赤倉に救われました。

子供達は雪遊びも楽しかったようでなんとか旅行は成功になったのではないでしょうか?
来年は黒姫へ行けるといいなぁ…

[旅行] 10年以上ぶりのユニバーサルスタジオ
子供が大きくなってきて、乗れるものも増え、ハリー・ポッターも大好きになったため、
ユニバーサルスタジオジャパンへ旅行に行くことになりました。
10月27日(日)〜28日(月)

朝、4:30に家を出て、ユニバへ着いたのが7:30。開園が8:30予定が1時間早くに開いたため、
7:30から遊び開始です。
最初に、コインロッカーへ荷物を預け、早速ハリー・ポッターエリアへ。

子供の目当ては、魔法の杖の入手と、魔法体験。

最初にヒッポグリフのジェットコースターに2回乗り、
待ち時間がないうちに、ハリー・ポッターフォービトゥンジャーニーにライド。
その後、魔法の杖を購入し、念願の魔法体験。





といっても、なかなかうまくできず、練習の繰り返し。

しばらく楽しんだ後は、ジュラシックパークに20分待ちでライドし、
少し早めのお昼ご飯。
午後は、Eパスでスパイダーマンからの
ミニオン・ハチャメチャ・アイスをはさんで、
Sing、パレードのあとにミニオン ハチャメチャライド。
ビッグドライブをはさんで、
2回目のハリー・ポッターフォービトゥンジャーニー。
ご飯を食べて、ハリー・ポッター マジカル プロジェクションを見て、
最後にまた魔法をしてからの1日目終了。
12時間を園内で過ごしました。




2日目は、朝8時から入場。
待ち時間なしで、ミニオン ハチャメチャライド。
スパイダーマン、ファンタジーザライド、Sing、ウォーターワールド、
ハリー・ポッターの魔法体験、ヒッポグリフ、ターミネーター2。

この日も1日堪能しました。

さすがにハロウィーン時期の終わりがけなので、夕方にかけて人が増える増える…

子供も大満足の時間を過ごすことができました。
親はクタクタ…

[旅行] 栂池WOWと上高地
急遽、旅行に行くことになりました。
行き先は、SORAテラスはどうか?ということになり、せっかく長野に行くなら、その近くでどこか他に楽しめるところはないか?ということで、行き先を決めました。

1日目。

白馬栂池にある栂池WOWに。
子供が楽しめるパークがあるとのことで、こちらへ。
事前予約もできるとのことで、あとは先着順…大丈夫かなぁ…と思いながら行きました。

ロープウェイで少し上まで登って受付をすると、比較的余裕がありすぐにでもできそう。



通称、アミダス。

3階構造になっていて、中で遊べるアトラクションのようなものが異なる。
2時間ずつで区切られていて、目一杯楽しみました。



そして、ロープウェイを降りている時、まさかの終点到着直前で停電により緊急停止。
何でも山頂に雷がどうとか…

15分くらいはロープウェイの中で待機状態でした。

そこから、五竜へ向かい、当初の予定のSORAテラスヘ。

ん? どこにもSORAテラスと書いてない…
調べてみると…そう、五竜とは白馬五竜ではなく、志賀高原の五竜でした。
痛恨のミス…

仕方なく、少し白馬五竜の高山植物園を観察して、宿のある安曇野へ。

2日目。

1日上高地の予定で、朝から上高地へ出発。
途中の路の駅で、風穴があり、初めての風穴を体験した後に、上高地へ。

マイカー規制により、途中の駐車場で車を停め、そこからはバスで。

河童橋まで行って、大正池まで下るか、大正池で降りて、河童橋まで歩くかどうかを悩み、
結局は河童橋まで行くことに。





天気も良く、川もすごくきれいでした。
子供が川で遊びたいとのことで、少し入りましたが、めちゃくちゃ水が冷たくて1分も入ってられない…



混む前にお昼ご飯を河童橋付近で食べ、少し上流まで歩いた後、Uターン。
また川で遊んで、写真を撮って、大正池までのお散歩。
ゆっくり景観を楽しみながら大正池まで時間をかけて下り、最後にバスに乗ろうと思ったら…
バスになかなか乗れない…やっぱり逆にすればよかったな、と。




最後は、なんとかバスに乗れ、松本市でご飯を食べ、お風呂に入り、帰宅。

にしても、五竜違いが痛かった…

[旅行] 野沢温泉スキー場の旅(まさかの猛吹雪)
雪不足を心配していた年末でしたが、雪が降りそうとのことで、決行しました。
行ったのは、12月128日〜30日の2泊3日。

結果、大雪で滞在した3日間で1m以上積もるという天気…



201812?nozawa3

上のように吹雪で視界が悪すぎる…強い風と大量の雪。
視界が悪く、初心者コースでは風で身体が止まってしまうほど。

201812?nozawa4

一応、子どもはスキー場のスキースクールに入れてみたり。

宿は、「ひびき」という魚料理の宿を取りました。
ご飯もとても美味しく満足。

201812?nozawa5


帰りは3日間ずっとおきっぱなしだったこともあり、下の写真のような状態に。

201812?nozawa2

それでも、チェーンを巻くことなくなんとかスタッドレスタイヤのみでいけました。
といっても、帰りはさすがに路を選んでチェーンを巻かずに済んだ…というところです。

[旅行] 11/4-5 掛川花鳥園と富士サファリパーク
妻の妹、母親を連れて、1泊2日で静岡旅行へ。

子どもも土曜日の父親参観の振替休日で幼稚園がお休み。

妻の妹が行きたいと言っていた掛川花鳥園を1日目に、
妻の母が行きたいと言っていた富士サファリパークを2日目に。

まず、1日目。

朝7時に合流して、東名高速道路へ。
途中で朝ご飯休憩を取りつつ、9時前には掛川ICを降り、掛川花鳥園へ到着。

朝から鳥の餌やりをたくさんしつつ、ペンギンへの餌やり、バードショーを堪能。



結局15時頃まで滞在。

そこから東名高速で御殿場方面へ。

途中、雨に降られながら、宿には18時頃到着。

ご飯を食べ、お風呂に入り、就寝。

2日目は、富士サファリパーク。

朝9:40頃にサファリパークへ到着し、入り口で車の列に並ぶ。
10時になってもちっとも開かず、5分を過ぎた頃にようやく開場。

いきなりチケット売り場が横へ広がり、自分たちの列は処理が遅いこともあって結構待たされる。

12:30からジャングルバスを予約していたものの、雨が降りそうだったので、早めの時間へ変更。
10:30の回も少し余っていたけれど、10:45の回にし、時間までお土産ショップへ。

10:45からジャングルバスへ出発。

2年前に来たときには何も分からず頼んでいた我が子も、少しいろいろ分かるようで怖いと最初は言ってました。





ライオン、熊、らくだに餌やりをし、ひょうやチーター、増、バイソンなどたくさんの動物を近くで見て終了。

その後は、ご飯を食べ、他の動物を見てまた餌やり。
カピバラ、レッサーパンダ、カンガルーなどと戯れ、雨にもほとんど降られず終了。

最後は、自分たちの車でもう一度サファリパークの中へ入り、そのまま帰宅。

運転はずっと自分で疲れましたが、みなさんが楽しんでくれたようでよかったです。

[旅行] 芝政&福井恐竜博物館へ
1泊で旅行へ行ってきました。

行ってきたのは福井県。

1日目は、芝政



もう暑い暑い…朝早めに名古屋を出たのだけど、以前に芝政に行ったときより早く着いたはずなのに、臨時駐車場へ回されました。

子どももまだ身長が120cmへ届いていないので、大人用の新しいアトラクションもできず。
流れるプール、波の出るプール、スライダー。
前回と変わりません。

それでも子どもは楽しかったようでよかった。

今回は、横にあった小さな遊園地も。

ジェットコースターにバイキングも。
また、なんてことはない海賊船もおいてあるのだけど、子どもは海賊が出ると思って怖がって中に入りたがらず泣き出す始末…



相変わらず海はきれいでした。朝は雨が降っていたけれど、夕方には晴れてきたし。

夜は、すかっとランド九頭竜へ泊まって、2日目。

2日目は、福井恐竜博物館へ。

朝9:30へ向かうとすでに大渋滞。第2駐車場へ回されました。
なんだこの暑さは?という暑さでグダグダです。

最初は、予約を入れていた化石発掘体験。
これが、かなり暑い…ゴーグルをして暑い中ひたすら石を割る!
みんなへとへと…
結局、何も見つけることはできませんでした。

その後は、ご飯を食べ、恐竜博物館へ。

朝一でもかなりの入場行列でしたが、相変わらず行列が長い…

なんとか入ると、中もものすごい人…人が多すぎて暑い…

動く恐竜に、大きな化石にさすが世界3大恐竜博物館の一つです。

楽しんだ後は、ディノアドベンチャーへ。
こちらもかなりの暑さでもうヘトヘト…

名古屋の大高の方が新しいからか、ちょっとリアル感は乏しかったような気がします。

その後に大きな昆虫の旅へ。

さすがにみんな暑さでバテたので、これにて終了。

帰りにご飯を食べに海鮮を求め、三国港へ。
スマホで探した田島というお店で海鮮丼をなんとか食べ帰路へ。

夏の旅行は今後どうするか考えものです・・・

[旅行] 北海道旅行(初) 7/11-13
勤続10周年ということで、会社から旅行券を頂き、北海道旅行へ行ってきました。
思えば、北海道へは初めての上陸となります。

■7月11日(火) 支笏湖&小樽

スカイマークで中部国際空港から新千歳空港までのフライト。
初めての国内線で、かつ格安チケットでしたが、国際便のエコノミーと比較しても
席と足下にゆとりがあり広かったです。
ただし、スカイマークで早朝便だったので、家を5時前に出発です。

7:15のフライトで9:00に新千歳。
新千歳でレンタカー FITを借り、予定していた支笏湖へ。

大凡45分程度で支笏湖へ到着。
目的は、シーカヤック。

12:30からの予約でしたが、10:20頃に着いてしまったので、支笏湖周辺を散策。
姫ますが有名のようで、「トントン」というお店で昼食。
私は姫ますのお刺身定食。

事前の天気予報では雨が降る予定でしたが、少しぱらついた程度でなんとか降らずに済みました。

日本で9年連続の水質きれい度を誇る支笏湖。



確かにものすごくきれいでした。
嫁さんと子供で一つのカヤックに。
私は一人で一つのカヤックに。

少し湖へ出て、すぐに川へ戻り、川を奥へと進んでいくコースでした。
雨も降らず、暑すぎず、ちょうどよい天気。

1時間30分弱の体験が終わり、小樽へ向かい始めたところで、雨が降ってきました。
小樽までは高速道路で移動しましたが、結構な大雨。

先にホテルへチェックインし、車で小樽へ移動。

小樽と言えばここ。
小樽運河。



中国人ばかりで異様な雰囲気。
特に何もないところで、シンガポールのマーライオンに匹敵するほどのがっかりスポットでした。

せっかくなので、回らないお寿司を食べようとしたのですが、
狙っていった店は予約で満席。平日なのに。

仕方なくプラン変更し、「おたる政寿司 本店」へ。



ものすごく美味しくて感動!

でも、せっかくなのでラーメンも満喫しようと、お土産を見て回った後に、
麻ほろというお店へ。



これで初日が終了。

■7月12日(水) 小樽&青の洞窟&乗馬

事前の天気予報では大雨。
しかし、なんと曇り→晴れへ。

朝から青の洞窟クルージングへ。

青の洞窟へ移動中に、イルカの群れに遭遇。



青の洞窟はとても涼しくてきれいでした。







そこから小樽の土産店を散策。
基本、海鮮のお店とガラス店しかない。(ルタオもあるけど)

30分ほど移動して、今度は乗馬へ。
入ったのは、春香ホーストレッキングというところ。

ファミリートレッキングコースで30分。
少し口頭で説明を受けて、いきなり乗馬。
子供は引き馬で、親はそれぞれ自分一人で馬にまたがり着いていく。



とはいえ、馬もわかっているので難しくもなく、なんなく乗ることができました。
何より子供が楽しそうだったのでよかったです。
雨も降られなくてよかった。

お昼ご飯も小樽で済ませてきたので、2泊目のホテルのあるトマムへ移動。
途中、恵庭でエコリン村へ立ち寄り、道東高速道路をひたすら東へ。
対面通行でパーキングエリアにも何もない…
周りの景色も全く変化なく、なかなか眠たくなるような風景。

夕方にはトマムへ着きました。



泊まったのはトマム・ザ・タワー。

チェックイン時にアップグレードしてくれて、なぜかプレミアムスイートルームへ。
37階の36階へ。1フロアに4部屋。
入ってみると、部屋数が多い!
サウナにジャグジーあり。

夜は、グリルキングでご飯を食べ、30分だけミナミナビーチへ。
子供がプールで遊び大満足。

しかし、ここで事件発生!
自分が持ち込んでいたiPhoneをプールサイドに置いておいたら、
スタッフがタオルを片付けようとした際にiPhoneを落下&破損!
画面割れ&本体に傷が…おいおい…





いろいろ話あった結果、領収書を送ってくれれば全額負担しますとのこと。
本当は面倒なので、現金でもらって処理したかったけれど、それはできないんだとか。
おまけに、修理に要する時間はこちらで無償負担とか。
こちらに何も落ち度がないのにこちらばかりが損する形に。
(夜に責任者の方がサイダーとクッキーをもってきれくれましたが…)

その後は、大浴場でお風呂に入り、部屋へ戻りました。
ここの露天風呂が星空がたくさん見えて、ものすごくきれいでした。


■7月13日(木) トマム雲海テラス&旭山動物園

前回に雲海が発生したのが7日とのこと。
本当に運に任せるしかないですが、早朝4時に起きて見てみると雲海発生!
36階なので、雲海の上でした!

急いで着替えて雲海テラスへ。

すでに移動のバスもゴンドラも大渋滞でしたが、
エレベータで同じになった方々にゴンドラの優先乗車チケットを分けていただき、
ゴンドラを30分くらいショートカット!(なんと!)

雲海テラスへ到着。





雲海テラスに、平山あやさんがテレビの取材できてました。

雲海としては少し低めのタイプでしたが、本当にたまにしか発生しないので、
実際に目で直接見られただけ良かったです。

予想に反して、テラス付近は暑くて長袖を脱いでしまいました。



6:45頃に雲海は気温上場とともに消滅したそうです。



朝ご飯はビュッフェで食べ、朝から海鮮丼も。



トマムをあとにし、一般道で旭山動物園へ。
北海道は本当に信号が少なく、交通量も少ない。

途中、ファーム冨田でラベンダー園を鑑賞し、旭山動物園へ。
(本当は、青い池も見ていきたかったけれど、思いのほかトマムを出るのが遅くなった…)





旭山動物園も10年くらい前に話題になった時にはすごかったのだろうけど、
今となっては動物を近くで見られるところも増えてきたこともあって、
当時の賑わいもすでになし。(平日だっていうこともあるけど)

おまけにこの日は猛暑日ということで、めちゃくちゃ暑かった!
(名古屋より暑いとか…)
子供は元気でしたが、大人はへとへと。
動物もへとへとで全然動かず。
ペンギンも水に入っておらず、売りの下から見上げてみることもできず。
北極熊も水に入っておらず。

一通り動物を見て、退散。

高速道路で新千歳まで戻り、空港でご飯&お風呂に入り、名古屋へ戻りました。
しかし、ここでも飛行機が45分遅延し、出発が遅れたため、
帰宅したころには日付が変わってしまいました。
(せっかく時間を早めるためにお金を払ったのに意味なし)

名古屋に戻ったら湿度の蒸し暑さで汗が止まらない。
子供もすっかり寝ているので余計に暑い。

結局車まで移動する間に汗でベトベトになり、帰宅後に再度お風呂に入ることになりました。

ともあれ、天気にもめぐまれ計画通りに過ごすことができた北海道旅行でした。
海鮮は美味しかった!

[旅行] 黒姫高原スノーパーク1泊2日
我が子の誕生日のお祝いで今年はスキー場への旅行に行ってきました。

どうせいくなら・・・ということで、雪質のよい長野県まで足を延ばそうかとなり、
行ったことない黒姫高原へ。

いろいろ調べた結果、ファミリーバークということで、
子供向けに施設が充実してそうだったことでここにしました。

スタッドレスタイヤを履いているものの、ちょっと不安でしたが、結果としては全然OKでした。
といっても、止まったアスティくろひめの直前まではほとんど雪が溶けていて
ノーマルタイヤでもいいんじゃないか?という状況であったものの、
宿の近くまで行く道路は完全に雪道・・・しかも坂道。
はっきり言って、天候によるなぁと思いました。
ここ数日は晴れていたので道路に雪がなかったのかもしれませんね。

1日目は天候晴れ。



宿で子供用のスキーセットを借りて、とりあえず隣接するコースを抱っこで降りる。
でも、久々すぎて足がきつい・・・筋肉痛になる予感。

下でリフト券を買おうとしたら、「ファミリーパーク」内だけであれば、1日券が500円!
なんということだ!
普通に4000円近くを予想していたんだけど、どうやら上の方のコースへ行く人はそれらしい。
ファミリーゲレンデというくくりには、1本の長いリフトがあって、そこだけなら500円でいい。
今は、51周年記念ということで昭和51年生まれの人なら、リフト券が50円という企画もやってました。
来年は昭和52年生まれが50円??

子供に板を履かせて、とりあえずはリフトではなく歩いて登り滑る練習。
ボーゲンヘルパーをつけて練習させた後、リフトで上へ。



後ろから支えたり、自分が後ろ向きで滑って、前から手を引っ張って滑ったり。
子供は楽しそうでしたね。

宿では晩ご飯でかにが食べ放題。
たくさん頂きました。

2日目は平日ということに加え、天気が雨だったので人が少ない・・・
キッズパークにて貸し切り状態でのそりやらチュービングやら。

雨の中リフトで上へ登り、スキーをしたり、人が少ない中でのスキーを楽しみました。

にしても、ちょっと遠いですが、トータルで見たら料金は安いんじゃないのかな。
リフト券がやたらと安いので。

[旅行] 富士サファリパークなど2泊3日の旅
9/8-10まで、台風の影響が残る中、静岡県へ旅行へ行ってきました。
子供と初めての2泊3日旅行です。

今年は、台風が全然こない夏だったところから一転、台風がめちゃくちゃ直撃する年に。

9/8も台風の影響で高速道をに乗っているときは大雨…怖いくらいに。

で、本当は初日に富士サファリパークへ行く予定だったところを急遽変更。

掛川で降りて、掛川花鳥園へ。



ちょうど掛川花鳥園のところで雨が止み、普通に楽しむことができました。

ふくろうもたくさんいたり、ペンギンや多くの鳥たちに餌をやる体験で、我が子も大満足。

お昼ご飯は、お勧めだと言われる、ハンバーグ屋へ。

そのあとは、再度高速に乗って富士サファリパークへ。
またしても大雨…でも、サファリパークへ着く頃にはかなりの小雨。



ちょうど、らいおんの赤ちゃんを抱けるイベントをやってまして、妻が抱っこしてきました。

ジャングルバスも無事乗ることが出来て、ライオンや熊への餌やりもすることができました。

次の日は、我が儘を言って、三島スカイウォークを突然ぶっ込んできました。



朝起きたときは富士山もすごくキレイに見えていたのに、三島スカイウォークからはあいにくの曇り。

その後は、今回のメインでもある「ぐりんぱ」へ。

お昼からずっとぐりんぱで遊んでいました。
どうやら朝は雨が降ったらしく、幾つかのアトラクションも休みだったようですが、
お昼からはほとんどが再開。

午前中にスカイウォークへ行き、そちらは晴れていたので結果としてよいプランだった気がします。

最終日は、まかいの牧場へ。

しかし、その前に当日の朝にまたしてもぶっ込みました。
山中湖の陸水共用バス KABA。

朝食を食べている間に、電話をかけて当日の予約をぎりぎり入れました。



こんな感じのやつね。

この後に、帰りがてらまかいの牧場へ。

ここでも馬に乗ったり、やぎのお散歩したりで我が子も大満足。



いろいろありましたが、帰りには新東名にも乗って無事帰宅。

多くのプラン変更を行いながらのいい旅行になりました。

[旅行] とうもろこし狩り&ブルーメの丘
本日、急遽とうもろこし狩りのために、滋賀県のアグリパークへ。2週連続となります。

昨年は結果として最終日だったようですが、今年は昨年と違い、とうもろこしの木がしっかり高くそびえています。





さすがに子供が入るとずいぶん背丈の違いが分かります。



ここは、取ってすぐは生で食べられるスイートコーンなので、子供も含めて生で頂きました。
みずみずしくて美味しそう!

その後は、滋賀にあるというブルーメの丘というところへ。

ちょうどここは子供は入場料だけで乗り物フリーパス券をあげるというイベントをやっており、期待大でしたが…
我が子は3歳。

子供は4歳からが上記の話に当てはまる、ということで、3歳児は入場料は無料で、乗り物は普通に支払うことに。
ほとんど無料ということでしたが、実際はちっとも無料なんて少なくて、ゴーカードも800円。これ一回で子供の入場料に相当。
他もことごとく子供のやりたいというものは料金がかかるという、4歳よりも3歳の方がかなり高いというへんてこりんな値段設定に。

一度、入り口まで戻って確認したものの、年齢詐称はダメ…ということで、結局は普通に支払うことに。
こういうときに神対応はありませんでした。むしろ感じが非常に悪い…

ゴーカート乗り場では他の親御さんもぶーぶー文句を言ってました。
値段設定がおかしいと。

仕方なく、子供用に用意されている水遊び場で遊び、



アルパカを見て、



終了。

子供も暑かったせいか、疲れてしまいました。

ブルーメの丘にはちっともいい思い出ができませんでしたね。
最悪。

[旅行] 魅惑のぶどう狩り
せっかくとうもろこし狩りとのコンボにしようと思ったけれど、葡萄狩りのみになってしまいました。

ぶどう狩りは昨年の加賀フルーツランド以来の1年ぶりです。



アーサーという品種とデラウェアの2種類があるとのことで、子供もお腹いっぱい食べていました。

帰りには、クラブハリエのカフェへ行き、ケーキを食しての帰宅です。



美味しかったです。♪

[旅行] 会社のイベントで静岡寿司食べ放題ツアー
会社のイベントで行ってきました。
静岡寿司食べ放題のツアー。

本当は、別のに申し込んでたのだけども、抽選漏れでこちらに。

子供はまだ生ものを食べさせていないので、お寿司はほとんど食べていませんが…



ソフトクリームを食べて大満足。

帰りは少し疲れて寝ちゃったね。



[旅行] 1年ぶりの旅行 〜 福井 芝政ワールド & ぶどう狩り 〜
7月の台風により延期した夏の旅行ですが、今回は晴天でした。

行ったのは、福井県の芝政ワールド。

暑い中、さすがにプールは気持ちいいですね。
息子もスイミングに行っているおかげで水には慣れっこで、すごく楽しんでました。



午後早い時間まで遊んで、キッズパラダイスで遊んで、さらに芝政の芝生で少し遊んできました。

とてもきれいで、バックの海とのコントラストが素敵です。



その後、片山津温泉へ移動して、旅館でお泊まり。
今回は、ホテル北陸古賀乃井へ宿泊。
朝も夜もバイキングなところがポイントでした。

次の日は、加賀フルーツランドでぶどう狩り。



日差しが暑く、風がなかったのでむしむしとした暑さが厳しかったですが、
ぶどうは美味しかったです。デラウェアでしたね、この時期は。

そして、越前松島水族館へ移動する途中で、松波海岸へ立ち寄り、息子の初海♪



砂浜の砂が異常に暑かったですが、息子は初めての海で楽しそうでした♪
今度は、ちゃんと泳げる格好でくることにしよう。

その後は、水族館へ行って、帰宅。

なかなか暑さにやられた旅行でしたが、楽しかったです。

[旅行] 我が子、初旅行 〜長野の旅〜
今年のお盆は天気がずっと悪くてまいります…
台風11号の影響でずっと雨マーク。

旅行の日程も途中で変更し、13-14日で予約しましたが、結果的に晴れマークから雨に。

13日は朝、名古屋を出発して長野県塩尻市のチロルの森へ。

塩尻に住んでいたものの、行ったことはありません。

幸い、曇りの天気で気温も涼しく、さすが長野といったところ。



パパもママも荷物がてんこ盛りですが、我が子は自由に動けることをいいことにあっちこっち自由奔放。

まだ1歳半ということもあって、乗れる乗り物が非常に少なかったですが、
それでもいつもと違ったところへ来て、ある程度自由にさせてもらえたのかすごく楽しそうでした。

園内を移動するバス型の車、簡単なゴーカート、馬に乗って一周(ママと一緒)、ウォーターボートと乗りました。

動物たちがいるところでは、山羊に羊、アルパカとも触れ合い。



どことなく遠目から見る感じ??

案外時間がつぶれて、そのまま夕方には宿へ移動。

今回は、上田市にある別所温泉の中松屋へ。
直前で日程を変更したので、宿がここしか確保できず(他はいいところなく)。

晩ご飯も美味しく、ちゃんと温泉にもつかりました。
我が子、初温泉♪

近くで盆踊りもやっており、少しだけ見にもいきました。

2日目の14日は朝から軽井沢へ。

朝食がついていたのですが、7:30からということで、かなりの出遅れ。
結局、軽井沢町へ入ったのは9:30頃でしたが、アウトレットモールの駐車場に入れたのは12時前。
渋滞に思いっきりはまりました。

天気も雨が降ったりで、旧軽井沢は断念。

結局、アウトレットだけを散策し、帰りに腸詰屋と浅野屋へ寄って名古屋へ戻ることに。
2日目は誤算の連続で我が子は楽しめずでした…
晴れてたら、旧軽井沢で散策して芝生で遊ぼうと思っていたんですけどね。

残念…

でも、我が子の初旅行としてはそこそこ楽しめたんじゃないかな??

[旅行] プチお出かけ〜信楽の旅〜
急遽、信楽へ行ってきました。
特に目的があるわけではなく、なんとなく焼き物でも見に行こうか?と。

結果、壁がけの花瓶だけ買いましたが、一目惚れしたコーヒーカップは高くて買えず…

遅めに出て、早めに帰ってきました。




新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社