Life Log 日記
FC2ブログ
2019 / 05 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   >> 2019 / 07



[日記] 子供のピアノコンクール
子供がピアノ習ってわけですが、先日の発表会で優秀だったため、全国大会に出場。そこでまた優秀賞をとったため、任意ですが、優秀賞をとった人だけのコンサートに出場。

家での練習もしていましたが、これまで見た中で一番上手に弾けてました。本番前も緊張していない様子で自分の子供の頃とは大違いだなぁ、と。

[日記] 再購入 Bose SoundSport Free wireless headphones
AirPodsがダメだったので、売却したばかりのこちらを再購入。
AVIOTやJABRAにしようかと思いましたが、やはり耳に楽ちんなモデルがいいということで、こちらに。
メインはMOMENTUM True Wirelessなので。

Bose SoundSport Free wireless headphones, Black [並行輸入品]

新品価格
¥22,600から
(2019/4/6 20:01時点)



[日記] AirPods 2 とWALKMANとの接続
AirPods2が到着し、iPhoneとの接続は、何の苦労もなくスムースにいきます。(当然)

で、WALKMANとの接続です。

Mac やその他の Bluetooth デバイスに AirPods を設定する
via : https://support.apple.com/ja-jp/HT208718

Apple 以外の他社製デバイスで AirPods を使う
Apple 以外の他社製デバイスでも、AirPods を Bluetooth ヘッドセットとして使えます。Siri は使えませんが、聴いたり話したりすることはできます。Android 電話端末やその他の他社製デバイスに AirPods を設定するには、以下の手順を実行してください。

1. Apple 以外の他社製デバイスで、Bluetooth の設定画面を開き、Bluetooth がオンになっていることを確かめます。Android デバイスをお持ちの場合は、「設定」>「無線とネットワーク」>「Bluetooth」の順に選択してください。
2. AirPods を充電ケースに入れた状態で、蓋を開きます。
3. ケースの背面にある設定ボタンを長押しして、ステータスランプが白く点滅するまで押し続けます。
4. AirPods が Bluetooth デバイスのリストに表示されたら、選択します。



SONY WALKMAN A50との接続時の事前準備

AirPodsに対応していますか?(Bluetooth対応ウォークマン)
via : https://knowledge.support.sony.jp/electronics/support/articles/SH000157799

ウォークマンに搭載されているBluetoothプロファイル(AVRCP)のバージョンにより、 AirPodsに対応できません。ただし、一部のウォークマンでは、本体の設定を変更することでAirPodsに対応できます。

説明

AirPodsを接続するには、Bluetoothプロファイル(AVRCP)のバージョン1.4以上が必要です。
ウォークマンに搭載されているBluetoothプロファイル(AVRCP)は、バージョン1.3までになるため、AirPodsに対応できません。(2018年9月現在)
AirPodsとBluetooth接続を行った場合は、常に最大音量となり音量の調整ができません。大音量でコンテンツが再生されるため、ご使用は控えてください。

一部のウォークマンにおいては、Bluetooth設定を変更することで音量の調整が可能となるため、AirPodsに対応します。
以下の設定を行ってからご使用ください。

対応できるウォークマン
- NW-A50シリーズ
- NW-A40シリーズ
- NW-ZX300シリーズ

Bluetooth設定の「拡張方式を利用する」を有効にします。
※ウォークマンのモデルによって操作が異なる場合があります。

[ユーザが追加した画像] を選択して、 [設定] を選択します。
[オーディオ機器接続設定] から[拡張方式を利用する]にチェックを入れます。
以上で設定は完了です。



これらの設定を行うことにより、WALKMANでもAirPodsを普通に使うことが可能です。
WALKMANの本体でボリューム調整も可能。

ただし、SONYのページにある通り、WALKMANでもA20などでは、音量調整ができません。
自分が持っているA10でも音量コントロールはできませんでした。

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

新品価格
¥24,620から
(2019/4/6 19:23時点)



Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

新品価格
¥19,213から
(2019/4/6 19:23時点)



ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル ムーンリットブルー NW-A55 L

新品価格
¥21,267から
(2019/4/6 19:53時点)




[日記] スーツケース
いつもスーツケースは、嫁さんのお父さんのものを借りていたのだけど、
いろいろ不都合も生じてきたため、ついに購入に動きました。

今回は、まず小さめの方を。
探すのは22〜37L程度の大きさ。

16日に長島JAZZ DREAMへ行き、サムソナイト、ACEを見て、候補を選出。
また、デパートでも別途品を定め、ACEのSTARIAというモデルにすることを決定。

ただし、STARIA Vは高い為、STARIA EXという旧モデルということで、アウトレットで。

23日に土岐アウトレットへ行き、同じ物を発見。
結局35%OFFで購入させて頂きました。

あと、ついでにNEW BALANCEのSB1400がアウトレットで出ていたので、それもしっかりと。

[日記] 胃腸炎?
18日から鼻水がずるずるに…風邪か?

病院へ19日に行った後、今度は、頭まで痛くなってきてしまい…
結局、21日に出社の後、体調が悪化した結果、再度病院へ…

そこで診断されたのは、胃腸炎とか。

あかんわ、これ。

[日記] 年1回となったイチゴ狩り
知多半島のいちごの里へ行ってきました。

いちごが大きくたくさんなってましたので、本当におなかいっぱいに。
子どもが一番大好物なフルーツ。



[日記] あけましておめでとうございます
2019年になりました。

2019年は後厄。
ようやく本厄が終わりました。

今となってはこのブログも記録用でしかありませんが、緩く残していきたいと思います。

[日記] 2018年の振り返り
いよいよ2018年が終わります。

今年は本厄の1年。

本厄らしく波瀾万丈な1年でした。

昇格からまさかの2回目の出向。
前任者からの仕事引き継ぎでぐだぐだ感満載の業務状況の中、様々な経済状況の変化を受けながら、これまでの常識が全く通用しないルール変更などで悪銭苦闘。

おかげで自宅でも仕事をする羽目になり、2人目の子どもも恵まれず…といったなんともいえない状況でした。

しかし、怪我もなく、家族みんな健康な1年を過ごすことができました。

会社も大きく変化を迎える1年を迎えます。

心機一転、新たな気持ちで頑張っていきましょう。

2019年は海外出張も控えており、
・英語の上達
・字の上達
を個人的には果たしていきたいと思っています。

[日記] 会社の親睦イベント フルーツ狩り
会社の親睦イベントで秋の味覚狩りツアーへ。
行き先は長野県。

かんてんぱぱ、昼食、駒ヶ根フルーツランド、お土産ショップのコース。

朝から高速道路の自己で大渋滞し、いきなり最初のかんてんぱぱの時間が半分以上短縮。

フルーツランドも30分くらいしか時間がなく、以前の味覚狩りツアーの方が全然よかった。

ちょっと残念…

[日記] 不定期に起こる胸の痛みについて
昔から不定期に胸の痛みが発生するけれど、ここ数年はそれが10秒くらいの痛みが何回もくる感じ。
しかも、心臓がぎゅっと捕まれるような痛み。

中学生の時はジムで不整脈じゃない?と言われたりもしたけど、結局分からず。

このところ、いろいろあるので病院へ行ってきました。

今日は循環器内科でエコー検査をしましたが、結局は問題なし。

ただし、軽度の弁膜症を発症しているとのこと。

軽度の三尖弁閉鎖不全症、軽度廃道百弁膜不全症とのことです。

心臓の右心房から血液が出るところと、右心室から血液が出るところの弁があかんらしい。
あかんとは、「逆流」しているのが見受けられる様子。

左心室からの排出ポンプ力は正常値が50-88%に対し、67%と正常値。

また、痛みが発生するのが安静時ということもあり、

①痛みが発生したときに、とんぷくを服用し、痛みが治まるかを見てみる。
②24時間心電図を計る。
③心臓カテーテルを行う。(1泊2日の入院)

で、今回は、とりあえず①からということで、とんぷくをもらってきました。

さて、取り急ぎの診断では、心臓は大丈夫とのことですが、果たしてどうなることやら…

[日記] 仕事を休んで家族サービス
また仕事を休んで家族サービス、というか子どもとふれあいデーです。

今回は、パパと子どもで二人でお出かけ。
行ってきたのは岐阜県瑞浪のサイエンスワールド。

台風がきていて、ちょっと天気が悪かったですが、子どもは楽しかったみたい。

名古屋市科学館と違って規模は小さいけれど、いろいろ作る体験が多いことに加え、実験ショーが多いので、そのあたりが面白かったみたい。

帰りは土岐のアウトレットで少し寄り道をして、パステルでピザを食べて帰宅。

アウトレットではちょうどきれいな虹も見ることができた。

[日記] 岡崎のぶどう狩りへ
急遽決まって行ってきました、岡崎駒立ぶどう園。

昨年きたときはデラウェアと巨峰でしたが、今回はデラウェアの終わりがけということもあって、スチューベンとハニーシドレスがメインでした。前回同様に柴久園へ伺ったので、石窯ピザ作り体験も行って、川遊びも行って子どもは大満足でした。

ちなみに、朝は岡崎のあおい珈琲でモーニングをしてから行き、妻も満足。

[日記] 会社をお休みして家族ボーリング
仕事をお休みして、子どもと触れあう日!ということで、初めて家族ボーリングをしました。

行ってきたのは、星ヶ丘ボウル。

学生時代は、来ていた記憶がなんとなくあるけど、何十年ぶりだろうか。

さすがにスコアはぼろぼろでしたが、イイ時間でした。

[日記] 外付けHDDでのデータある状態におけるFilVault変換 - High Sierra -
いや〜、失敗しました。
何気なくやったら大変なことに。

データのバックアップ用HDDの容量が足りなくなってきたので外付けのHDDを購入しました。
その容量は4TB。

それをHFS+でフォーマットして、データを移行。

その後、暗号化してなかったな…とふと、右クリックで暗号化をしたら…さぁ大変。

私の環境は、MacのHigh Sierra。

最初に結論から書くと、
・4TBの暗号化に要した時間は、昼夜ずっと電源をつけっぱなしの状態で約1ヶ月。
・HDDには1.6TBのデータが保存されていた。
・外付けHDDのファイルシステムは、勝手にAPFSヘ変換されてしまった。
・途中で作業を止めることもできなかった。
・途中でデータを書き込むことはできても、読み出す際にエラーになるものが多かった。

という、なんとも悲惨な状況でした。

さて、最初の1週間でちっともHDDのアクセスランプ点滅が終わらないので、
セキュリティソフトをOFFにして、接続するポートをハブを介していた状況から
iMacへ直接接続へ変えてさらに1週間。

それでもちっとも作業が終わらない。
これは本当に処理が進んでいるのか?

ディスクユーティリティで調べると、「APFS」?
なんでよ?!
俺、HFS+にしてたのに。

ここで分かったのが、High Sierraで暗号化をすると、強制的にワーニングなしでAPFSになっちゃうってこと。

もうこれは止められない。

そう思ったものの、どうやったら進捗が見えるんだ?

ちょっとネットで調べたら出てきたのがこれ。

diskutil cs list



ターミナルを起動して、このコマンドを入力すると、進捗が見れるんだとか。

確かに出てきます。

Conversion Status: Complete

これは、あくまでもHFS+のHDDのみがリストアップされ、APFSは出てこない。

そこで、出てきたのがアップルサポート。

電話してみました。
聞いてみました。

最初は、途中で強制終了する方法もあるとか、いろいろ調べる方法があるとか言っていたわりには、
・途中で止められない。
・High Sierraでの暗号化の進捗を見る方法はない(これは嘘でした)
・無理矢理止めて、中のデータは諦める。もしくは最後まで処理が終わるのを待つ。
という結論に。

サポートにかけた意味なし。むしろ、サポートしてないじゃんって感じ。

仕方なく、諦めて、一度電話を切ることに。

しばらく考えて、中のデータは諦めることを決意し、
なんとかして途中で処理を強制終了する方法はないかを聞こうと、
再度、アップルサポートへ電話。

サポートの人が方法を調べます、といっている間に、
自分でその方法や進捗を調査する方法を調べることにしました。

そうしたら進捗を見る方法がありました。
サポートはないって言っていたのにあるじゃないか!!
どういうことだ、こらっ!!

diskutil apfs list



これで、APFSファイルシステムの暗号化進捗が見れます。

FileVaultという項目に進捗率が出ます。
自分が初めて見たときは42%。

ないって言われたけど、あるやないか!!

で、結局、1日待って、止まっているのかどうかを見極めることに。
電話は切りました。。。

翌朝、進捗43%。

進んでる…牛歩の歩みだ。

仕方なく、そこからずっとずっと昼夜電源をつけっぱなしで見守りました。
平均して、1日で4%の進捗。

7月1日 進捗76%。
あと1週間くらいか?

7月2日
FileVault: Yes (Unlocked)

んっ!?

終わってる??

いきなり終わりました。
なんだこれ、なんでいきなり終わった?
でも確かに終わってます。

結果、中のデータも無事アクセスできるようになりました。

が教訓です。


データが入っている状態で、うかつに暗号化をやらないように!


[日記] MacでWindows10 〜外付けSSDからの起動編〜
一応、覚えとして記録。

これまでMacでWIndowsを使う時に、Parallels Desktop for Macを利用して使っていました。
が、起動が遅い…何もかも動作が遅い…
MacBook Pro 2011 Midのスペックのせいかとも思っていましたが、iMac 2017 Midへ変更しても状況が変わらないことから、これはParallelsでの利用自体が耐えられないんだな、と。

そこでやはりネイティブ環境で利用できるBootcampで使う、でも内蔵のストレージは使いたくない、ということで外付けストレージからのBootcampをしよう、ということにしました。

これでもParallels Desktop for Mac Proを使って見てもだめだってことだったのでようやく諦めがつきました。

さて、手順を一応メモメモ。

---------------------------------------------------------------------------

必要なのはWIndows環境。
自分はParallels上で動作するWindowsで実施しました。

参考にしたのは下記のサイト。

MacBook Proで外付けSSDからWindows 10を起動する
https://blue1st.hateblo.jp/entry/2018/02/18/061620


でも、そのままやってもうまくいきませんでした。記載が間違っているところもあったと思います。

■必要なもの■
・外付けストレージ(自分はSSD)
・USBメモリ
・Windows(自分はWindows 10 Home)
・USB K/B

■手順■
1.USBメモリにインストールメディアの作成

 Windows上で、ここへアクセス
 メディア作成ツールをダウンロードします。
 ツールをダウンロードしたら、ダウンロードしたファイルからSETUPを実施。
 手順に従い用意したUSBメモリにインストールメディアを作成します。
 「別のPCノインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD…」を選択。
 Windwos10をダウンロードします。

2.DiskPartでSSDにパーティションの作成

 Windowsに外付けストレージを接続する。
 Windowsボタンを押し、アプリメニューから「WIndows Power Shell」を見つける。
 見つけたら、右クリックして、「管理者として実行」する。

 diskpart と打ち込み、DiskPartツールを起動。

 list disk と打ち込み、ディスクの一覧を表示。外付けストレージを容量から確認し、ディスク番号を確認。

 select disk #NUM と打ち込み、外付けストレージを選択する。 ※#NUMは上で確認したディスク番号
  → 例)select disk 1
 ディスク #NUMが選択されました、と表示される。

 clean と打ち込む。
 DistPartはディスクを正常にクリーンな状態にしました、と表示される。

 convert gpt と打ち込む。
 DiskPartは選択されたディスクをGPTフォーマットに正常に変換しました、と表示される。

 ブートセクターとなるパーティションを作成
 create partition efi size=256 と打ち込む。
 DiskPartは指定したパーティションの作成に成功しました、と表示される。

 format fs=fat32 quick label="EFI" と打ち込む。
 しばらく待つと、100%完了しました、と表示される。

 assign letter=S と打ち込む。
 DiskPartはドライブ文字またはマウントポイントを正常に割り当てました、と表示される。
  ※Sドライブに割り当てられる。

 Windowsシステムをインストールするパーティションを作成する
 create pertition primary と打ち込む。
 DiskPartは指定したパーティションの作成に成功しました、と表示される。

 format fs=ntfs quick label="Windows" と打ち込む。
 DiskPartはボリュームのフォーマットを完了しました、と表示される。

 assign letter=I と打ち込む。 ※I → アルファベットのアイ
 DiskPartはドライブ文字またはマウントポイントを正常に割り当てました、と表示される。

 list volume と打ち込む。
 ストレージ系がアサインとともに一覧表示される。
 USBメモリ、外付けストレージのアサインを確認する。

自分の場合は、下記の感じでした。(対象のドライブだけ抜粋)

Volume 6 F ESD-USB FAT32 リムーバブル 14 GB 正常
Volume 7 I Windows NTFS Partition 118 GB 正常
Volume 8 S EFI FAT32 Partition 128 MB 正常 非表示


 ※ここからは、USBメモリが "F" にアサインされているものとして記載する。

 exit と打ち込む。

3.DISMを用いてOSイメージをSSDに展開

 cd F: と打ち込む。
 cd sources と打ち込む
 dism /get-imageinfo /imagefile:install.esd と打ち込む。
  ※自分はここが上記の方のサイト記載方法ではうまくいかなかった。
   エラーになったので、install.esdのあるフォルダまで移動してやったらうまくいった。
 インストールするWIndowsのバーションを確認し、インデックス確認を確認する。

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.16299.15

イメージの詳細: install.esd

インデックス: 1
名前: Windows 10 Home
説明: Windows 10 Home
サイズ: 15,883,203,288 バイト

インデックス: 2
名前: Windows 10 Education
説明: Windows 10 Education
サイズ: 16,101,770,287 バイト

インデックス: 3
名前: Windows 10 Pro
説明: Windows 10 Pro
サイズ: 16,101,649,315 バイト


自分は、Windows 10 Homeだったので、インデックス1でした。

 dism /apply-image /imagefile:install.esd /index:1 /applydir:I:\ と打ち込む。
 操作は正常に完了しました、と表示される。

 ここも最初、自分はうまくいきませんでした。
 恐らく上で紹介したサイトの方の記載ミスだっただけだと思います。

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: ******************

イメージを適用しています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。


4.bcdbootでブートセクタをSSDに作成

 bcdboot i:¥Windows /l ja-jp /s s: /f UEFI と打ち込む。
 どうやらドライブ名は小文字が必須らしい。
 ブートファイルは正常に作成されました、と表示される。

5.Windowsのインストール

 Windowsイメージが展開されている外付けストレージをMacへ接続。
 USB K/BをMacへ接続する。
 キーボードのoptinoキーを押して起動する。
 しばらくすると、Mac内蔵のストレージとEFI bootが表示される。
 EFI Bootを選択する。
 Windowsのインストールは画面に従って実施していく。

6.Boot Campアシスタントからドライバを入手

 Windowsのインストールが終わったら、再起動し、Mac OSを起動する。
 Boot Campアシスタントを起動し、メニューバーのアクションから
 「Windowsサポートソフトウェアをダウンロード」を選択する。
 ダウンロードが終わったら、USBメモリ等ヘコピーして再起動。

7.ドライバのインストール

 また、optionキーを押しながらMacを起動し、EFI Bootを選択してWindowsを起動する。
 USBメモリを接続し、Boot Campアシスタントでダウンロードしたドライバをインストールする。

8.キーボード入力を修正

 Windowsの設定から、「すべての設定」>「時刻と言語」>「地域と言語」から、
 「日本語」のオプションを選び、レイアウトを修正。


こんな感じで終了しました。

もちろん、Windowsのライセンス認証は各自で行いましょう。

ESET ファミリー セキュリティ (最新版) | 5台3年版 | カード版 | Win/Mac/Android対応

新品価格
¥6,050から
(2018/6/24 21:02時点)



ESET パーソナル セキュリティ (最新版) | 1台1年版 | オンラインコード版 | Win/Mac/Android対応

新品価格
¥2,980から
(2018/6/24 21:03時点)



Microsoft Windows10 Home 64bit 日本語版|DSP版|LANアダプターバンドル品

新品価格
¥17,000から
(2018/6/24 21:03時点)






新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社