Life Log 肺の影
2017 / 09 <<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   >> 2017 / 11



[スポンサー広告] スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[肺の影] 気管支鏡の検査結果
いきなり結果から。

問題なし。悪性腫瘍はなし。癌の所見は認められず。


3年前と異なり、今回は呼吸器内科の担当の先生ではなく部長が担当でしたが、
しっかりと陰のあるところを視認でき、そこから肺の細胞を採取できたとのこと。

それを病理検査で検査した結果で、問題なし。

ただし、結核も肺炎も認められなかったため、結局のところ陰が何なのか?の結論は出ず。

IgG4とIgGの値が血液検査で高いこと。
ステロイド服用期間は、IgG4とIgGの値が下がり、肺の陰も薄く、小さくなったこと。
ステロイドの量が減ってきたらIgG4とIgGの値が上昇し、肺の陰も濃く、大きくなったこと。
結核も肺炎も認められなかったこと。
気管支鏡の検査でも悪性ではないとの結論。
気管支鏡検査で確実に細胞が視認でき採取できたこと。

これらから、現時点で考えられるのは、やはりIgG4関連疾患の何か?とのこと。
ただし、何も症状は出ていないため、これから何かが出てくる可能性があるかも?くらい。

呼吸器内科の先生の提案は3つ。
1.外科で手術。ただし、前回と異なり、陰の大きなところをターゲットにすると
  健康な肺まで切除することになる。
2.経過観察。大きくなったら再度気管支鏡検査。
3.ステロイド服用再チャレンジ。

3は個人的にもうない。プレドニゾロンは飲みたくない。
1の手術も現時点で何も症状が出ていないのにしたくない。

症状が出てからじゃ遅いという考え方もあるけども、
悪性が認められず、何も症状がない。
また、IgG4関連疾患の疑いが強いなら、なおさら外科手術に進みたくない。

今回は経過観察としました。

今回はいろいろ聞きました。

Q|CTの際に、息の吸い込み方等で写り方に影響が出るのか?
A|多少は出るが、場所による。

Q|経過観察になった場合は、担当は呼吸器内科か、膠原病内科か?
A|肺の陰は呼吸器内科が担当だが、IgG4関連疾患だと膠原病内科が適している。

Q|癌だった場合、ステロイドで陰に変化は出ないのか?
A|出ない。

Q|ステロイド服用中も効果はあったが、思ったほど効果が出ていないと言われたが?
A|体の大きさに対しステロイドの量が少なかったのかもしれない。

Q|外科手術をした場合、健康な肺を切除すると体への影響が出るか?
A|少なからず出る。呼吸機能が落ちる。

Q|先生の本音はどれがおすすめか?
A|前回同様で外科手術というのは進めない。経過観察&気管支鏡検査が総合的に見て妥当と考える。
  何かが進行したら、気管支鏡検査で見つかる。
  それから検査をするというのはいけないことだが、体の負担は小さい。
  癌の可能性は現時点ではないので、これが妥当。

Q|癌だとしたら何が疑わしいのか?
A|肺腺がん。

大まかにこんなところです。

4月に経過観察のCTやら血液検査となりました。
スポンサーサイト

[肺の影] 2回目の気管支鏡検査
前回のCT検査で肺の陰が少し大きく、濃くなったとのことで、2回目の気管支鏡検査をすることに。

前回ってどうだったけな?と思いながら、過去の記録を見てみたものの、いまいち思い出せない。

でも、始まってみると、なんとなく思い出してきました。

最初に、口を開けて苦い麻酔スプレーで喉を麻酔します。
息を口で吸い込みながら、霧吹きのようなもので、麻酔を口の中へ噴射されます。
うまくのどの奥へ入れていくのだけど、嘔吐きます。

しばらくして麻酔が効いてくると、点滴をして、検査台へ。

検査台で横になり、鼻からゼリー状の麻酔を入れられ、しばらくするとカメラを鼻から挿入。
そのあたりから記憶がぼんやり。

前回よりも意識はなんとなくあった気がするけど、気づいたら終わり。

別途で2時間ほど安静にして、レントゲンを撮った後、問題なければ、水を飲み、むせなければ終わり。

結果は2週間後。

[肺の影] 結局は…
本日、再度、呼吸器内科の診察を受けてきました。

3年前にこの病院へきてから最初に診てもらった先生ですね。

呼ばれて、CTを撮るという話になったのですが、2週間前に膠原病内科で撮ったばかりなのに、
使い回しはできないのか?と訪ねたところ、オリジナル画像が残っていたために再度CTの必要は無くなりました。

最初から確認した上で言って欲しいものだ。

で、呼吸器内科の先生と話をしていたものの、結局は3年前と同じような展開にしかなりませんでした。

CTで見る肺の影が少し濃くなって大きくなったので、やはり気管支鏡検査をやるとのことです。
で、これで何も分からなかったら、またしても外科で胸腔境下肺生検の提案です。

思い返してみると、最初に呼吸器内科で気管支鏡検査をやって問題なし。
その後、外科で胸腔境下肺生検の手術をして肺の一部を切り取った結果問題なし。
膠原病内科でIgG4関連疾患の疑いとのことで、ステロイドを1年半投与したものの、
思ったほどの効果が得られず、また自覚症状がないことからIgG4関連疾患の可能性が低いとのこと。
PET CTもやったしね。

結局、3年経過していろいろやったものの、原因不明で現在に至っております。

とりあえず、気管支鏡検査はやることに合意したものの、胸腔境下肺生検はどうかな…
お金も結構かかるし、本当に考えものだ。

ないことを証明するのって結局難しいのと同じで、
検査した部分が「癌じゃない」ってなっても、「検査したところはね。」ってなって、
他は分からないよ?ってことになっちゃうので、いかんともしがたいところです。

[肺の影] 結局かい…
CTの検査結果を聞いてきました。

結論、前回に比べ、影は大きくなり、より濃くなっていました。

本当は、3年見て、変化なければそこで一旦終わり的な話をしていただけに残念です。

ただし、これまで疑っていたIgG4関連疾患ではないんじゃないか?との先生の意見。

理由は、自覚症状が出ていない、ステロイド投与で思ったほどIgG4の値が下がらない。

で、IgG4の値が高いのは、他の感染によって引き起こされているのではないか?とのことでした。

その結果、3年前の呼吸器内科の先生に、もう一度診察を頼むとのことになりました。

どうなるんだろうか、これは。

[肺の影] 経過観察
本日、経過観察で病院へ行ってきました。

といっても、毎度のことで、血液検査に尿検査、胸部レントゲンです。

結果もいつもの通り。
風邪の影響で、IgGの値が高かったということくらいでしょうか。

次回、2ヶ月後くらいに今回と同じ検査、CTは前回から半年後くらいにやりましょうと
言われましたが、年明けに今回と同じ検査+CTをお願いしました。

何回も細々くるのは面倒なんです、ほんと。

本日は、一日年休を頂きまして、朝から久しぶりのスタバで勉強。
それから少し栄をふらついて、疲れた身体をほぐしにマッサージ(指圧)に。

なんとなく緩い一日となりました。

プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)
2015年5月8日〜4週間 4mg/日(朝4mg)
2015年6月3日〜4週間 3mg/日(朝3mg)
2015年6月31日〜4週間 2mg/日(朝2mg)
2015年8月7日〜4週間 1mg/日(朝1mg)
2015年9月4日〜 終了!

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120
5/8 IgG 2290
6/2 IgG 2449
6/30 IgG 2414
8/5 IgG 2517
9/9 IgG 2450
10/28 IgG 2650
※風邪の影響

IgG4の値(基準値 4.8~105)
4/19 IgG4 200
7/25 IgG4 174
8/29 IgG4 140
9/26 IgG4 146
10/22 IgG4 155
11/19 IgG4 174
12/17 IgG4 189
1/9 IgG4 196
2/10 IgG4 206
3/11 IgG4 227
4/8 IgG4 219
5/8 IgG4 214
6/2 IgG4 214
6/30 IgG4 ????
8/5 IgG4 ????
9/9 IgG4 ????

CRPの値(基準値 ~0.30) ※C反応性蛋白
9/26 CRP 0.4
10/22 CRP 0.5
11/19 CRP 0.78
12/17 CRP 0.51
1/9 CRP 0.87
2/10 CRP 0.65
3/11 CRP 0.73
4/8 CRP 0.71
5/8 CRP 0.93
6/2 CRP 0.85
6/30 CRP 1.05
8/5 CRP 1.8
9/9 CRP 0.98
10/28 CRP 0.93

[肺の影] ステロイド終了…長かった…でも結論はもやもや。
先月の泌尿器科の結果と、いつもの内科へ行ってきました。

泌尿器科は、血尿反応はあるものの、赤く視認できるわけではないので、
特に問題は無く、赤い血が視認できたら次の検査って事で終了。

内科は、特に変化も無いため、ステロイドも今日で終了。
長かった…

現時点の結論からいって、結局は何が原因かは不明。
ただ、肺が原因でIgG4の値が高くなっていることが濃厚。

もうね、いろいろ検査やったからこの結論っていうのもありますけど、
いろいろやってこれですか…って感じです。
メスまで入れたのに。。。

次は、一ヶ月半後に経過観察で、その後はもっと間を開けての経過観察になっていくのかな。


プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)
2015年5月8日〜4週間 4mg/日(朝4mg)
2015年6月3日〜4週間 3mg/日(朝3mg)
2015年6月31日〜4週間 2mg/日(朝2mg)
2015年8月7日〜4週間 1mg/日(朝1mg)
2015年9月4日〜 終了!

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120
5/8 IgG 2290
6/2 IgG 2449
6/30 IgG 2414
8/5 IgG 2517
9/9 IgG 2450

IgG4の値(基準値 4.8~105)
4/19 IgG4 200
7/25 IgG4 174
8/29 IgG4 140
9/26 IgG4 146
10/22 IgG4 155
11/19 IgG4 174
12/17 IgG4 189
1/9 IgG4 196
2/10 IgG4 206
3/11 IgG4 227
4/8 IgG4 219
5/8 IgG4 214
6/2 IgG4 214
6/30 IgG4 ????
8/5 IgG4 ????
9/9 IgG4 ????

CRPの値(基準値 ~0.30) ※C反応性蛋白
9/26 CRP 0.4
10/22 CRP 0.5
11/19 CRP 0.78
12/17 CRP 0.51
1/9 CRP 0.87
2/10 CRP 0.65
3/11 CRP 0.73
4/8 CRP 0.71
5/8 CRP 0.93
6/2 CRP 0.85
6/30 CRP 1.05
8/5 CRP 1.8
9/9 CRP 0.98

[肺の影] 耳鼻咽喉科の結果を聞いてきました
IgG4関連疾患と診断され、ずっとステロイドを服用し続けていましたが、
毎月1mgずつ服用量を減らし、現在、1mg/日。

結局、何が原因なのかは分からないという結果で、今後どうしていくかも含めて
決めるために造影CTまでやってきました。

その結果、元々の肺の影は変化なし。
ただ、副鼻腔炎の疑いあり。血尿に関して、ナットクラッカーの疑いありとのこと。

その副鼻腔炎側で前回薬を処方して頂き、2週間服用しての今日です。

結果。

問題なし。薬服用1週間でずっと続いていた風邪っぽい症状もなくなりました。

今日聞いたら、前回のが聞き間違いだったのか、
今回の造影CTでは副鼻腔の下の方は写っていたみたい。
で、そこで1年前の同じ箇所との比較で疑いとの診断だったみたいです。

ちなみに、1年前の時は頭のてっぺんから撮ってました。
その時は全く問題なし。

ということで、今回は急性副鼻腔炎とのことで、もう問題なしの診断です。
(鼻からカメラ入れて診てもらってOKでした。)

さて、あとは来月初旬の内科と泌尿器科です。

[肺の影] 念のための泌尿器科と耳鼻咽喉科
先週金曜日の造影CTの結果を受けて行ってきました。

まず、泌尿器科。

先生の結論からすると問題なし。
血尿が目に見えて分かるのであれば、もっと中を見る検査をするけど、
そうでなければ問題ないとのこと。
一応、超音波検査まで実施しての結論です。

念のため、細胞診をやるので、次回の検査の時に併せて結果を聞きに来て下さいとのこと。

なんだよ、もう…


耳鼻咽喉科。
もう待ち時間長すぎる。

結論、造影CTでは、今回も前回も副鼻腔が写るところまで撮っていないため、
それだけではなんとも言えないとのこと。(どういうこと????)

で、一応、両方の鼻からカメラを入れて、中を確認したところポリープもなく、
問題なしとのことです。
まぁ、風邪で鼻がずるずる状態が続いていることを伝えた結果、
薬を出すのでそれを飲んで様子見でOKとのことです。

2週間後に一度見せに来て下さいとのこと。

結果、問題なし。(あっても、急性副鼻腔炎とのこと)


全く…結果、どれもこれも問題なしかよ。

[肺の影] あと少しですか?
一昨日の造影CTまで含めた結果を聞きに、午後半休を取っての病院。
(もうやだ…)

で、結論。

血液検査や尿検査の結果はいつも通り。
(今回は、IgG4の値等はもう聞かず…。尿検査も相変わらずの僅かな潜血)

造影CTの結果は、なんとも微妙な結果。

まず、尿検査の潜血反応については、左の腎臓の辺りの静脈が圧迫されていることで出ている?
念のため、泌尿器科で診てもらっては?とのこと。
ナットクラッカーというものかも?って。

で、1年前にも造影CTを撮っているのですが、その時と比べて、
副鼻腔炎の疑いありとのこと。
副鼻腔の中に膿みたいなものがいっぱいになっているので一度、耳鼻咽喉科を受診したほうがいいとのこと。

肺の影は変化なく、IgG4の値が高いのはこの副鼻腔炎が影響している可能性がなくはないんだとか。

ということで、月曜日に今度は泌尿器科と耳鼻咽喉科を受診します。

ステロイドは、こちらから希望してまた1mg減らしました。

プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)
2015年5月8日〜4週間 4mg/日(朝4mg)
2015年6月3日〜4週間 3mg/日(朝3mg)
2015年6月31日〜4週間 2mg/日(朝2mg)
2015年8月7日〜4週間 1mg/日(朝1mg)

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120
5/8 IgG 2290
6/2 IgG 2449
6/30 IgG 2414
8/5 IgG ????

IgG4の値(基準値 4.8~105)
4/19 IgG4 200
7/25 IgG4 174
8/29 IgG4 140
9/26 IgG4 146
10/22 IgG4 155
11/19 IgG4 174
12/17 IgG4 189
1/9 IgG4 196
2/10 IgG4 206
3/11 IgG4 227
4/8 IgG4 219
5/8 IgG4 214
6/2 IgG4 214
6/30 IgG4 ????

CRPの値(基準値 ~0.30) ※C反応性蛋白
9/26 CRP 0.4
10/22 CRP 0.5
11/19 CRP 0.78
12/17 CRP 0.51
1/9 CRP 0.87
2/10 CRP 0.65
3/11 CRP 0.73
4/8 CRP 0.71
5/8 CRP 0.93
6/2 CRP 0.85
6/30 CRP 1.05
8/5 CRP ?????

[肺の影] 造影CTを1年ぶりに。
約1年ぶりの造影CT。
この為に、本日は年休を戴きまして。

さて、午後の撮影だったので、昼食は抜きで病院へ。

血液検査、尿検査と毎月の検査だけ済ませて、造影CT。

左腕へ造影剤を入れて、CTの機械へ。

造影剤が身体へ入ってくると同時に、身体が内部から熱くなってきて…
若干ですが気持ち悪く…

といっても、それほど時間もかからず終了。

明後日に結果を聞きに来ることになります。

早く病院生活終わりたいなぁ…

[肺の影] さてさて、どうなるんだ?
今日も会社をお休みしての病院でした。

朝から血液検査して尿検査して。
相変わらずの僅かな潜血反応。

特に変わりないため、ステロイドは減らすことを要望。
担当医は、そろそろこのくらい(3mg/日)で維持してもいいんじゃないか?と。
嫌です。だって、何も変わらないし、面倒ですから。(病院にくるのも本当に面倒)

ということで、1mgまた減らしての2mgに。

次回は8月5日の造影CTです。ここで血液検査と尿検査も。
結果を8月7日に聞きに行くことになります。

個人的には、ここで1mgへ減らして終わりたい所です。
ただし、検査結果次第では、尿への潜血反応の関係で、泌尿科での検査もあるかもしれません。

プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)
2015年5月8日〜4週間 4mg/日(朝4mg)
2015年6月3日〜4週間 3mg/日(朝3mg)
2015年6月31日〜4週間 2mg/日(朝2mg)

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120
5/8 IgG 2290
6/2 IgG 2449
6/30 IgG 2414

IgG4の値(基準値 4.8~105)
4/19 IgG4 200
7/25 IgG4 174
8/29 IgG4 140
9/26 IgG4 146
10/22 IgG4 155
11/19 IgG4 174
12/17 IgG4 189
1/9 IgG4 196
2/10 IgG4 206
3/11 IgG4 227
4/8 IgG4 219
5/8 IgG4 214
6/2 IgG4 214

CRPの値(基準値 ~0.30) ※C反応性蛋白
9/26 CRP 0.4
10/22 CRP 0.5
11/19 CRP 0.78
12/17 CRP 0.51
1/9 CRP 0.87
2/10 CRP 0.65
3/11 CRP 0.73
4/8 CRP 0.71
5/8 CRP 0.93
6/2 CRP 0.85
6/30 CRP 1.05

[肺の影] あと少しだ…
1ヶ月はあっという間だな。

もう月に1回の経過観察の日です。

今日は、いつもの尿検査・血液検査に胸部レントゲンです。

結果はいつもの通り特に異常なし。
ただし、このところ続いている血尿(僅かな潜血反応)は相変わらず。

とりあえず、ステロイドも順調に1mgまた減ります。

ただし、前回2月にCTをやったのだけど、次は8月に造影CTをやることに。
尿検査で潜血が続いているので念のため確認とのことです。
ここで、肺だけ反応するか、腎臓も反応するのか。

次は1ヶ月後にまた血液検査となります。(尿検査とレントゲンはなし)

このペースでいけば、8月いっぱいでステロイドの服用は終わりになると思うんだけどな。
なぜだかステロイドが大量にうちに余ってるんだよな。
若干1ヶ月より速いペースで病院へ行ってるもんだから、薬が余っていくのか?
次回は、量を調整してもらおう。
もしかしたら、次回もらわなくても次の1ヶ月分は既にストックがあるかもしれん。

プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)
2015年5月8日〜4週間 4mg/日(朝4mg)
2015年6月3日〜4週間 3mg/日(朝3mg)

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120
5/8 IgG 2290
6/2 IgG 2449

IgG4の値(基準値 4.8~105)
4/19 IgG4 200
7/25 IgG4 174
8/29 IgG4 140
9/26 IgG4 146
10/22 IgG4 155
11/19 IgG4 174
12/17 IgG4 189
1/9 IgG4 196
2/10 IgG4 206
3/11 IgG4 227
4/8 IgG4 219
5/8 IgG4 214

CRPの値(基準値 ~0.30) ※C反応性蛋白
9/26 CRP 0.4
10/22 CRP 0.5
11/19 CRP 0.78
12/17 CRP 0.51
1/9 CRP 0.87
2/10 CRP 0.65
3/11 CRP 0.73
4/8 CRP 0.71
5/8 CRP 0.93
6/2 CRP 0.85

[肺の影] 定例の毎月検査です
早いものでもう1ヶ月ですか。

今回も行ってきました、月1回の検査に。

尿検査は相変わらず僅かな血尿反応が出ますが、特に問題なし。
IgGやIgG4の値もステロイドの服用量が少なくなってきているので
値としては上昇傾向です。

担当医からはステロイドをこの辺りでずっと維持…というような話もありましたが、
・自覚症状なし
・全身CTやPET-CTの結果、癌はなし
・VATSの結果、とりあえず肺の影部分は癌ではない
とのことから、ステロイドは0へ持って行くことをあくまで目指します。

だって、結局何が原因か分かっていないIgG4関連疾患という病気であり、
自覚症状は0だし、そのままステロイドを服用していも何かが改善されるのか?も不明だし。
だったら、数ヶ月毎の定期検査へ移行したいんですよ。

地味に検査や薬代で毎月費用かかるんですよね、これ。

6月はレントゲンをやるとか。7月は全身CTやるとか。
平気で5千円〜1万円飛んでいきますから。

ってことで、今日から1ヶ月1mg減りました。


プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)
2015年5月8日〜4週間 4mg/日(朝4mg)

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120
5/8 IgG 2290

IgG4の値(基準値 4.8~105)
4/19 IgG4 200
7/25 IgG4 174
8/29 IgG4 140
9/26 IgG4 146
10/22 IgG4 155
11/19 IgG4 174
12/17 IgG4 189
1/9 IgG4 196
2/10 IgG4 206
3/11 IgG4 227
4/8 IgG4 219

CRPの値(基準値 ~0.30) ※C反応性蛋白
9/26 CRP 0.4
10/22 CRP 0.5
11/19 CRP 0.78
12/17 CRP 0.51
1/9 CRP 0.87
2/10 CRP 0.65
3/11 CRP 0.73
4/8 CRP 0.71
5/8 CRP 0.93

[肺の影] VATS(胸腔鏡下肺生検)から約1年
検査手術から約1年経過です。

随分と術痕が薄くなりました。



とはいえ、完全には消えませんね。

結局、検査手術して結果問題なしだったものの、本当に100%大丈夫か?と言われれば…
という状態でもやもやです。

おまけに、結果今になってもよく分からず状態…

[肺の影] 毎月恒例の検査
しばらくは尿検査と血液検査のみと聞いていたのに、今回レントゲンが。

あれ? 聞いてた話と違う気が…

結局は、いつもと何も変わらず状態で、自分から薬は減らす方向でということに。

身体の小さな人などは減らす量が0.5mg/月くらいらしいけど、
自分は大きいから1mg/月のペースで落とせていけそうだとか。
まぁ、実際何も自分で感じる影響はないからね。

プレドニゾロン錠
2014年6月16日〜2週間 40mg/日(朝15mg 昼 15mg 夜10mg)
2014年6月30日〜1週間 35mg/日(朝15mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月7日〜2週間 30mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜10mg)
2014年7月25日〜3週間 25mg/日(朝10mg 昼 10mg 夜5mg)
2014年8月15日〜2週間 20mg/日(朝20mg)
2014年8月29日〜2週間 17.5mg/日(朝17.5mg)
2014年9月12日〜3週間 15mg/日(朝15mg)
2014年10月3日〜3週間 12.5mg/日(朝12.5mg)
2014年10月22日〜4週間 11mg/日(朝11mg)
2014年11月20日〜4週間 10mg/日(朝10mg)
2014年12月17日〜4週間 9mg/日(朝9mg)
2015年1月15日〜4週間 8mg/日(朝8mg)
2015年2月11日〜4週間 7mg/日(朝7mg)
2015年3月11日〜4週間 6mg/日(朝6mg)
2015年4月8日〜4週間 5mg/日(朝5mg)

IgGの値(基準値 820〜1740)
3/8 IgG 2489
4/19 IgG 2380
5/7 IgG 2401
7/14 IgG 2015
7/25 IgG 1818
8/15 IgG 1558
8/29 IgG 1525
9/26 IgG 1636
10/22 IgG 1766
11/19 IgG 1823
12/17 IgG 2045
1/9 IgG 2120
2/10 IgG 2128
3/11 IgG 2232
4/8 IgG 2120

IgG4の値
4/19 200
7/25 174
8/29 140
9/26 146
10/22 155
11/19 174
12/17 189
1/9 196
2/10 206
3/11 227

CRPの値
9/26 0.4
10/22 0.5
11/19 0.78
12/17 0.51
1/9 0.87
2/10 0.65
3/11 0.73
4/8 ?????

次回は4/8(金)の予定です。




新しい記事

ブログ内検索


>

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント


過去ログ


RSSリンクの表示


QRコード

QR

Sony Style(ソニースタイル)
All About スタイルストア
BOSEショップオンライン
ヤマギワ オンラインストア
MoMAオンラインストアジャパン
エプソンダイレクト株式会社
デル株式会社

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。